公益財団法人岩垂奨学会賞 募集要項

1. 岩垂奨学会賞の趣旨

工学系、理学系、医学系及び薬学系研究科に在籍する大学院学生のうち学力優秀、健康、志操堅固であって学資支弁の困難なものに対する奨学金給付に関する事業を行い、もって我が国に於ける工学、理学、医学及び薬学の発展に寄与することを目的として 岩垂邦彦 初代理事長は昭和9年3月15日に財団法人岩垂奨学会を創設しました。今日までに理工学研究及び医薬学研究を専攻する多くの優秀な大学院学生に奨学金を給付してきました。

 本会は平成31年3月に創立85周年を迎えます。これを記念して岩垂奨学会賞を創設して、理工学研究及び医薬学研究で独創的な、あるいは応用的な研究に従事し、顕著な功績を挙げて活躍している研究者に対して、その功績を顕彰し、今後の研究の一層の発展を祈念することにしました。岩垂奨学会賞は不特定多数の利益の増進に寄与するため実施します。

2. 応募資格

本会の奨学金を受領した奨学生で、国内外の研究機関(民間の研究機関も含む。)に在籍して優秀な研究成果を発表している45歳未満(募集締切日)の研究者を応募の対象とする。大学院在籍者は除く。

3. 研究対象

国内外の研究機関(民間の研究機関も含む。)で実施された理工学系及び医薬学系研究

4. 受賞者

受賞者数は、原則として2名とする。但し、該当者がないときは保留とする。

5. 募集時期

「令和2年5月1日~7月31日」)(3カ月間)

6. 応募方法

所定の用紙に必要事項を記入し、以下の住所に郵送する。
167-0041 杉並善福寺郵便局留
(受取人住所)102-0085 東京都千代田区六番町13番地5
公益財団法人 岩垂奨学会

(1) 応募用紙 論文の別冊などの必要書類を添付する。


(2) 推薦書  大学その他の研究機関の長またはそれらの部局の長、もしくは直接の研究指導員による推薦


7. 選考の方法

選考委員会により受賞者を選考し、理事会で議決する。

8. 選考結果通知

選考結果は応募研究者及び推薦者に通知する。

9. 表彰の方法

受賞者は岩垂奨学会が開催する授与式に招待され、表彰状、賞牌及び賞金100万円が授与される。

10. その他

不明な点は、住所・所属・氏名を明示の上、下記の連絡先までお問合せ下さい。


公益財団法人 岩垂奨学会
〒102-0085
東京都千代田区六番町13番地5

 個人情報の利用目的

本会に提出された応募用紙に記載されている個人情報は、表彰事業の実施のために必要な事務に限定して利用するものであります。